出会い 恋愛

出会って恋愛をへていく環境

出会いはいつ起こるかわかりませんよね。ふとしたタイミングとフィーリング?で好きになったりすることがあります。実はタイプじゃない人とでも好きになってしまえば一緒です。

ボランティア活動をして

学生の頃からのつながりがあり、社会人になってから障碍者の方達が参加するコンサートのボランティア活動に参加することになりました。事前の打ち合わせも兼ねて、活動の代表の方たちとの飲み会に誘われ、仕事が終わった後、遅れて参加することにしました。聞いた居酒屋に行き、その代表者の方がいた席に行きました。他に初対面の男性と女性がいて、既に話が盛り上がっているようでした。その女性と男性は音楽を演奏することが好きで、ピアノの話などをしていました。男性の方とは席が向かいで、私が後からきた上に音楽の経験が無く、話を聞いていたためか、私の地元の話を聞いてくれました。すると地元がその男性と近いことがわかり、私の家の近くのマイナーなお店のことを知っていたり、中学校の先輩のことを知っていたり、話が盛り上がりました。その飲み会の最後に代表の方が皆に将来の夢をきき、私は母親になって家族を支援したいと言いました。その後の打ち上げや、別の飲み会でもたまたま顔を合わせ、私のバイト先にきてくれたりして連絡先を交換し、お付き合いすることに鳴りました。後々、私が初対面の飲み会で家族の支援をしたいと言ったことが印象に残っていたようでした。それが今の旦那さんです。

出会いの形は色々

普段の生活で出会いを作っていく上で出会いの形は色々ですよね。職場で出会うこともありますし、今多いのはスマホアプリ出会いなんかが多いのではないでしょうか。スマホの出会いアプリは今急成長中で、近所で探せるアプリや、趣味合わせて相手が見つかるアプリ、大人の関係を作れる出会いアプリなどがりますよね。根本的にみんな出会いがほしい人って多いのではないでしょうか。これだけインターネットが普及しているのでそういった出会いを目的としたアプリは世の中に多く存在しています。彼氏や彼女、アダルトな大人の関係。社会人になっていくと恋愛だけの目的でスマホアプリ出会いを使っているのではなく、恋人とは違う目的のパートナーを探している人も少なくありません。気軽に使っていくことができる出会いアプリは今後も大きく成長しそうですよね。

セフレとして割り切っているつもりだったのが修羅場に

特に家庭で何か問題があったということではなかったのですが、妻は子供にべったりで私の存在はいつも二の次でした。
おまけに、夜も妻は子供と一緒に眠ってしまい、そういった性生活もあまりありませんでした。
私に対して妻はもう恋愛感情のようなものはなく、ただの空気のような存在だったのです。
妻はそれでいいかもしれませんが、私はそれでは満足できませんでした。
夜、妻が眠った後に私はスマホで出会い系サイトでセフレ探ししていました。
風俗などは入る勇気がないし、出来れば普通の女性とちょっとした恋愛をしてセックスできればいいな、くらいに思いながら、サイトをのぞいてみると、同じ県内で同世代の女性がいました。
駄目もとでメッセージを送ってみると、なんと返事がきました。
メールは明るい感じで、楽しいメールをしましょう、ということだったので、ちょっと出会いを求めてるわけではないのかな?と思いましたが、私もメールを返しました。
そして2、3通やりとりをすると、私欲求不満かもしれないの、というようなことを書いてきました。
なぜかというと、彼女の旦那様は普通のサラリーマンなのですが、デスクワークが主で帰ってくるとビールを飲んで彼女の相手もせずに眠ってしまうというのです。
私と同じだ、と嬉しくなり、愚痴半分なメールを書くと、そこから急に、じゃ会ってセックスしようか?
という内容のメールが来ました。
その内容に私は逆にちょっと怖くなってしまいました。確かにそういうことを望んで出会い系サイトをのぞいたのですが、いざ、そういう風に相手から言われると腰が引けてしまったのです。
そこでどういう返事を書こうかと悩んでいると、彼女から今のメールはごめんなさいとメールが来ました。
軽く受け流して、とも書いてあったので、急に私はそこで彼女に会いたくなりました。
そこで、お互いの顔写真もまだやり取りしていなかったのですが、会う日時や場所を決めお互いに嫌だったらそのまま帰ろうということを提案すると、彼女から顔写真が送られてきました。

なぜかというと、その会う日におしゃれをしていって気に入ってもらえなかったらショックだから会う前にお互いに顔を知って、そこで会う、会わないを決めたいと書いてありました。
送られてきた写真はちょっとふっくらとしていましたが、唇がとてもセクシーな感じでますます会ってみたいと思いました。私の方からも写真を送ると、彼女も気に入ってくれたようで会うことになりました。
そんな風に出会い系サイトで会うなんていうことは初めてだったので、ちょっと緊張はしましたが初めて会う彼女は、メールの感じそのままで明るくて可愛いらしい女性でした。
旦那様は子供はどうしたのかと思って聞いてみると、旦那様は出張で、子供はもう中学生の男の子なので一人でいられるということでした。
お互いにお酒が好きだったし、その方が気楽に話せるということで、居酒屋にいきました。
居酒屋ではテーブル席だったのですが、対面するのは恥ずかしいと彼女が言うので、2人で並んで座りました。
お酒を飲みながら話していると、彼女はお酒は好きだけどあまり強くないらしく、顔が赤くなってセクシーに見えました。ちょっと丈の短いスカートで太ももも見えていて、私はしばらくして彼女の手を握りました。
居酒屋を出てから2人でホテルへ行きました。もうそんな雰囲気だったので何も抵抗はありませんでしたし逆にそうならなければ、ホテルに行こう、と私が言っていたかもしれません。
ホテルでは久しぶりのセックスだったし、彼女があまりにも乱れていたので、あっという間に終わってしまい恥ずかしかったのですが、2度も挑戦できるほどでした。
それから彼女とは2週間に1度のペースで会いました。いわゆるセフレです。
セフレ欲しいとは思いつつも子の関係はお互いに割り切ったセフレの関係だと私は思っていました。
だから、彼女が都合がある場合には、会えなくても平気でしたし、彼女もそう思っているのだと私は思っていました。
失礼な言い方ですが、彼女にセックスを求めても、それ以上の関係になろうと思う気にはなれませんでした。
おまけに、私が彼女とセフレ関係になってしばらくして、妻が私を求めてきたのにはビックリしました。
もしかして、妻にバレてしまったのかとも思いました。バレて面倒なことになるのも嫌だったので彼女へのメールを少しずつ減らしていきました。
このまま、彼女とはフェードアウトしてもいいと思っていたある日のこと、彼女からどうしてメールをくれないんだという文句がきました。

私は、妻の親が病気になってなかなか時間が作れないというようなことを書き、そのままメールをやめてしまおうと思ったのです。
そんなある日、帰ると妻が玄関に立っていました。どうしたのかというと、○○という女性から電話がきてあなたの旦那様と出会い系サイトで知り合って関係を持ったけれども、しつこくされて困っているという内容だったというのです。妻は泣きわめいて、子供も泣くしで修羅場とはこういうものかと私は呆然と思っていました。
そこで、私はそんなことはないから安心するように言い、きっと詐欺だからお金を取られる可能性があるから私に任せるように言いました。
私は実際、その時彼女に怒りを感じました。
そこで、どうやって私の家の電話番号を知ったのかわかりませんが、家の電話も彼女の番号は着信拒否にし彼女にメールを書きました。
そちらがそういうことをしてくるのなら、私にも考えがあります。これ以上私の家庭に迷惑をかけるようなことがあれば、事件という形にもするつもりでいます。と彼女に書きました。
後から考えれば、彼女が私からのメールなどを持っているのだから、逆に訴えようとしたら彼女も私を訴えることができたはずですが、彼女からの連絡はそれきりでした。
出会い系サイトで、セフレを探すのはもうそれきりしていません。
どんな人がどんな風になるかわからないからです。
逆に私が相手にそうしないとも限らないからです。大人の関係を求めた私が間違っていたのかもしれません。
妻はそれ以来私に優しくなりました。雨降って地固まるではありませんが、今では妻とはいい関係になっています。
栃木県 40代 男性 会社員

 

セックスの為に身体を鍛えています

私は神奈川県内にあるフランチャイズのスポーツジムでエアロビックダンスのインストラクターをしている20歳の独身女性です。
エアロビのインストラクターの仕事は1年前から始めたのですが、仕事の内容は身体を動かす事が好きな私には合っているものの、私の身体を求めてナンパをしてくるジムの男性会員があまりにも多く、ナンパの誘いを断る日々に辟易し始めています。
私にはセフレ掲示板アプリ(やらせてくれる女募集の掲示板アプリ【やらせてくれる女.com】)がきっかけで知り合ったセフレとしてのお付き合いをしている男性が3人居り、全員が私とのセックスの相性がばっちりなので他の男性とセックスしている暇は無いのです。
掲示板アプリはセフレとして割り切ったセックスがしたいというシンプルな書き込みが多く、私も男性と変態的なセックスがしたくて掲示板アプリを利用し始めたのでお互いに目的が一致して分かりやすい点も私が掲示板アプリが好きな理由の一つとなっています。
セフレとして現在私がお付き合いをしている男性は下は23歳の商社マン、次が35歳の文具店経営の男性、そして50歳の会社社長の男性です。
どなたも私と濃厚なセックスを毎週1回は最低でも行ってくれるので、私は彼らとのセックスの為に日々自分が勤めているスポーツジムで筋肉トレーニングをして身体を鍛えてしなやかなセックス向きの身体を作る為の努力をしています。
【神奈川県|年代 20代 女性 ジムインストラクター】