同人誌のサイトで即売会を知りそこで知り合った女性と大人の恋人関係となりました

同人誌のサイトで即売会を知りそこで知り合った女性と大人の恋人関係となりました

私は同人誌が好きなのですが、妻は同人誌に関心がないので、家に居る時はいつも同人誌に関するサイトを見ているのです。
そのサイトを見ていたら、私が好きな先生が即売会を開くと言う事が分かったのです。
そこで私はサイトを通じて整理券を手に入れ、この即売会に参加しました。
即売会は男性がほとんどでしたが、その中に女性の姿もちらほら見えました。
珍しいなと思ったので、私と年が近しい女性に声をかけてみたのです。
そしたら思いのほか話が弾んでしまい、即売会が終了しても話し続けてしまいました。
こんだけ同人誌で話が合う女性と会える事は今後ないかもしれないと思い、私は彼女と連絡先を交換し合いました。
それから私たちは、暇を見つけては会うようになり、同人誌の話で盛り上がったのです。
ある日彼女が家に来ないと誘って来たので、私は彼女の家に行くことにしました。
彼女の家には同人誌が所狭しとあり、それを読ませてもらったのです。
その同人誌の中にエッチな物があり、私はそれを見ていたらムラムラとして来てしまって彼女に襲い掛かってしまいました。
てっきり彼女は抵抗してくると思いましたが、それらしい態度を示さないので、私は彼女にキスをしたのです。
それから彼女をソファに寝かせ、服をはだけて彼女の体を愛撫し始めました。
愛撫をし始めてしばらく経つと、彼女は徐々に喘ぎ声を挙げるようになり、私はそれに興奮してちんちんが立ってしまいました。
そして我慢しきれなくなり、彼女の下着をずらして割れ目をの中に立ったちんちんを押し込んだのです。
この時の私は理性を失っていましたから、欲望に純粋な獣のように腰を激しく動かしたのです。

快感でしばらく経つとこみあげてくるものがあり、私は彼女の中にドピュドピュッと熱くて白い液体を飛ばしました。
私も彼女も楽しくセックスが出来たので、大人の恋人関係になる事にしました。
彼女と大人の恋人関係になってからは、彼女の家の同人誌を読むために彼女の家を訪れると共に、彼女と楽しくセックスをしています。
同人誌に理解のない妻のいる自宅よりも、同人誌が大好きな大人の恋人の家に居る方が私としては落ち着くので、今の私は彼女の家に頻繁に通うようになっています。
「静岡県:20代:男性:会社員」

関連ページ

昔はモテていた
私は都会に出て素敵な彼氏を見つけるという夢だけでも叶いたかったので、ついに出会い系サイトに頼ることにしました。同年代の男性からメッセージがくることを楽しみにしていましたが、実際は多くが自分より一回り以上年上の方からでした。
自分より若い女性上司に興奮し、大人の恋人を作ってしまいました
私は会社でも中堅となった40代の男性です。最近になって、20代の若い女性が私の上司となりました。何やら、海外の某大学院を卒業したエリートさんのようです。男女平等の時代であることは理解しているのですが、やはり男としての誇りが痛めつけられます。年齢的にも父と娘に近いぐらいのものですから、やはり心理的に厳しいものがありました。
カレーの美味しいお店に行ったデート
最初は彼に誘われてデートしてみることにしました。 この彼とは出会い系サイトで知り合った仲です。 そんな彼に誘われて街に出て行きました。
髪がふさふさの素敵な男性と出会いサイトでセフレとなりました
夫とセックスをしようと思っても、今一つ燃えないので、私は別の男性とセックスをする事にしました。そして私は素敵なセックスが出来る男性を求めて、出会いサイトを使い始めました。